須磨離宮公園、紅葉散り始め
11~12月は火水木と出講。金曜日は整形外科で関節腔内注射とリハビリ。
息切れ気味で、やっと週末を迎えます。

午後から、須磨離宮公園へ。まだまだ紅葉は見事です。▼



シキザクラ、ジュウガツザクラ、ショウガツザクラ。区別ができない。▼
b0036638_21143763.jpg
園内には彫刻作品が点在しています。▼
b0036638_13435916.jpg
b0036638_21143718.jpg
b0036638_21143727.jpg
今日の歩数は、10,500歩。

[PR]
by okadatoshi | 2017-12-01 21:16 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/27802606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小肥り at 2017-12-02 08:59 x
公園内の彫刻。なんだか不釣り合いなのがひとつありますね。
画像検索でもよくわからない。
西洋の甲冑騎士が落馬する瞬間のようなの。画像は出てくるんですが
説明が出てこないのでよくわかりません。ドン・キホーテ?
Commented by shinmama at 2017-12-02 09:37 x
痛い注射の2回目ですね。
玉葱の皮を1枚1枚剥くように 徐々に良くなっていくのだと思いますが、
どうぞ手を使いすぎないように 無理はなさらない様にしてください。

私も お天気の良い日は 公園に散策にでかけたいなあ、、、と思いながら、
足の点々をながめては 落ちこんでいます。
Commented by okadatoshi at 2017-12-02 14:08
小肥りさま
はい、ドンキホーテです。老騎士も馬も悲壮感を漂わせています。その画像を拡大したものを追加しました。
昭和33年4月、今上天皇のご成婚記念事業として整備が始まり、昭和42年に離宮公園は完成し今年で50周年を迎えます。当時、殺風景な園内に彫刻物を誘致するための展示会が開催されそのなかのいくつかが残っています。騎士の下の作品は、「平行移動 1987」とあります。さらに最後の鉄の松は鉄製のため木の部分は鉄さびで穴があき、そろそろ立ち枯れになるのでは。
Commented by okadatoshi at 2017-12-02 14:08
shinmamaさま
リハビリ担当の”オニ”の女性は、ネット情報と同じく「五十肩は原因も確定した治療法もない。人によって効果がある場合や直る期間も千差万別。ただ、動きの硬くなった関節はそのままにすると固まりうごかなくなる」とシビアです。
日にもよりますが先週はあった鈍痛が長引く状態は今日はあまり感じません。
キーボードも直接腕と肩が繋がってはいないのでやれることは、やった方がいいと言われ、キーは右手でも打って年度末の教材作成は普段通り再開しています。
<< youtubeの動画から音楽用... 北の出講日、献血車 >>