三宮の旧居留地散策
午後から県民会館四階の県民情報センターに行き今年度の数学科教員採用試験問題のコピーを入手。その後、旧居留地へ移動。

神戸大丸の入口。▼
b0036638_21435079.jpg
神戸市立博物館の神戸開港150年記念特別展”開国への潮流”を鑑賞。▼
b0036638_21435124.jpg
建物内部のステンドグラス。▼
b0036638_21435120.jpg
さらに海側に下り神戸税関の建物。▼
b0036638_21435135.jpg
その前にデザイン・クリエイティブセンター神戸があります。旧生糸検査場の建物で愛称がKIITO。建物内部も当時の面影が保存し活用されユニークです。▼
b0036638_21435096.jpg
ここでは、Robert Frankの1947-2017の作品展を開催中。▼



ルミナリエの会場にもなる東遊園です。普段は市民の憩いの場。▼
b0036638_21435253.jpg
午前中のトレーニングジムのウォーキングとあわせ歩数は二万歩を超えました。

[PR]
by okadatoshi | 2017-09-14 21:47 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/27115373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小肥り at 2017-09-15 18:40 x
神戸税関のビルはなんとなく横浜税関のビルに似てませんか。
さほど派手じゃないけど、タワーがあってなかなかの存在感。
横浜ではクィーンのタワーと言われてます。
Commented by okadatoshi at 2017-09-15 21:24
小肥りさま
ネットで横浜を見ると確かに似ていますね。
角地の書面に玄関を構えタワーが屋上にあり威圧感も出てますね。

神戸は横浜より小ぶりですが、南京街、外人墓地、港、外国の商品やスポーツなど日本で初めて~シリーズなど多くの共通点があります。
<< 情報の渦に呑込まれ路を見失いそう 山本周五郎作品はストレスの濾過紙 >>