猛暑の中、帆船フェスティバルへ
神戸港開港150周年を記念して、この夏帆船フェスティバル (7/15~7/17)が開催されています。
神戸港の中突堤、第1突堤、第2突堤の各岸壁に帆船が係留され壮観です。▼
b0036638_22292015.jpg
満艦飾(一般の船の場合には満船飾)がなびいています。▼
b0036638_22292058.jpg
国内外の帆船と海技教育の練習船も集結し船内見学の催しも。▼
b0036638_22291936.jpg
その一部を動画にまとめました。▼



広い会場を歩き、最後は好日山荘へ出かけ海ではなく山関係の商品を購入。
今日の歩数は、14000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2017-07-16 22:32 | 乗り物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/26992778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小肥り at 2017-07-17 12:11 x
帆船は大好きです。こういうお祭りがあるとは知りませんでした。
自慢をさせてください。ボクは帆船に乗ったことは何度かあります。
富山港に係留させれる先代海王丸が現役だったころ、博多港で乗船しました。
二代目日本丸は東京港で、知人が航海クルーをしてましてその関係で。
先代日本丸は横浜港に係留されてていつでも乗れます。
金具類、装具類が練習生達の手入れが行き届いて輝いてました。
残念なのはどれも海を走らなかったこと。乗っただけ。
神戸の海洋博物館は10年ほど前に行きました。船は夢膨らみます。
今度生まれたときは船乗りですね。キャプテンに。
Commented by okadatoshi at 2017-07-17 13:59
小肥りさま
今日は海の日ですね。
鉄道以外にもお船にも食いつかれますね。(^^;)
神戸は日常的にクルージング船が入港します。
https://goo.gl/trvzzt
しかし、帆船の入出港が一番晴れやかですね。

甲板は、今でも椰子の実の殻で磨くのでしょうか?
卒業したら帆船操縦の技術なんか役には立たないでしょうが
メンタルな海の男のロマンの継承にはいいのでしょうね。
<< 転法輪寺で蓮酒のふるまい 地蔵谷から摩耶山へ(5) >>