故郷のスイカ
宅急便屋さんが重そうに玄関へ段ボール箱を持ち込みました。
メロン2個と大きなスイカが故郷から届きました。
2014/07/24に画像処理してまとめたときの西瓜よりもさらに大きな、4Lで10.3kgの重さです。冷蔵庫の棚を外して入れて、他は近所にお裾分け。
子どもや孫の世代になると、遠く離れた故郷はありません。核家族化の中で親戚縁者とのつながりも薄くなっていきます。▼
b0036638_22181656.jpg
食べごろ。▼
b0036638_22181671.jpg
昨晩も花火でしたが、今日は2000発用意されたというさらに大きな花火大会が、ほっともっと球場で開催されました。
今回は、自宅二階から鑑賞。西瓜のような花火。▼



[PR]
by okadatoshi | 2017-07-08 22:19 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/26976825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TanMatsui at 2017-07-09 06:33
実にニア ニア ですね。
 1週間ほど前に我が家にも大栄西瓜と ”Mーメロン” が届きました。 あれこれとブログタネが溜まっているので、
写真に撮ったままでドラえもんへ (笑)

 ここに大栄西瓜が載ったので私のほうは没、 近々 ”Mーメロン” をメインに書きましょう。 
Commented by okadatoshi at 2017-07-09 06:54
Hiroさま
はい、メロンも大きなものが二つありました。
1年を通して、贈答で互いの生存証明と季節を感じます。
やがて秋になれば、我が家では丹波の黒豆を先方に出荷(笑)することに。
Commented by shinmama at 2017-07-09 09:12 x
ご近所のワンちゃんは 花火の音に怯えたのでしょうか?
ずっと 吠えているのが聞こえて 楽しかったです。(笑)

「大栄スイカ」 甘いですよね。

>親戚縁者とのつながりも薄くなって、、
おっしゃる通り。
毎年 「大栄スイカ」を送ってくださっていた親戚が亡くなって もう15年。
それ以来 食べていません。
Commented by okadatoshi at 2017-07-09 09:38
shinmamaさま
若い世代の西瓜離れがあるのか、孫は食べません。
その代わりメロンは好きです。
しばらく我が家では西瓜を楽しめます。

小一時間のロングの花火の打ち上げでした。
球場内部の仕掛け花火らしいときは、見えないので
音(犬の声)で聞き分けて、連発が上がりだしてから
ドタドタと二階に上がって鑑賞しました。
<< ”よだきい”の意味 Q氏の男の手料理 >>