ブリューゲルの絵の差し替え(3)>ベルギー奇想の系譜展に触発
2013/04/19と同じタイトルです。
今回は、”正義”#34と差替えました。▼
b0036638_17592234.jpg
版画集購入時の給与(2013/04/20)で触れているように当時の38,000円という思い切った買い物ですが、晩年になり楽しんでいます。防虫剤を入れて虫干ししました。▼
b0036638_17592303.jpg
ピーテル・ブリューゲルの作品一覧 では現存する数少ない油彩が見られますが、「バベルの塔」展の大阪会場を楽しみにしています。

昨日、大阪からの帰りに、兵庫県立美術館で開催中のベルギー奇想の系譜展に立ち寄りました。ボスからブリューゲルの系譜の原画が数多く展示されていました。東京でも開催されます。▼
b0036638_17592243.jpg
展示されていた画像の作品目録にあるものを、版画集から抜粋しました。▼



[PR]
by okadatoshi | 2017-06-14 18:05 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/26925322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2017-06-14 20:23 x
例によって 入場までに何時間も待たなければならない、、
と聞いていたので 「バベルの塔展」はあきらめていたのですが
先ほどサイトを見ましたら なんと待ち時間がほとんどなくなっていました。

ブログでご紹介していただいたことに感謝です!!
okadatoshi様ほどブリューゲルに思い入れのない私ですが、見に行きたいと思います。
Commented by okadatoshi at 2017-06-14 23:03
shinmamaさま
時の権力者への痛烈な風刺精神が鋭い。
今も人間の営みは変わっていないなと思います。
ブリューゲルの場合には、事前に作品の背景を調べて見所を押さえて行かないともったいないですね。
もし、行かれたらblogレポート楽しみにしています。
<< 北の出講日、車のBGM 東へ、大阪舞洲(まいしま)ゆり園へ >>