鳥海山・月山で過ごす>アラカルト
3日間の登山ツアーの続きです。

ここ4年間、毎日リアルタイムの内容のblogアップを続けました。旅行中もとりあえず画像をアップして、その日の内容を後で追加するという方法をとりました。
そのために今日は、膨大な動画の取捨選択に時間を費やしました。
ただ、内容が今一つなので惰性で続ける状態になれば、日々アップは見直すべきかなとも思います。

で今回の旅行中のファイルからピックアップ。
伊丹空港から久々の飛行機。最近は便によっては機内wi-fiでビデオ配信しているのですね。びっくり。▼
b0036638_22311562.jpg
今回は高山植物群のお花畑が広範囲に広がっていました。▼
b0036638_22312711.jpg
宿舎は遊楽里に連泊。
登山と言えば山小屋を連想しますが、ナトリウム温泉で大きな旅館でした。4人の登山者に対して現地ガイドと支配人の二人がついて登ってくれました。随分とリッチな登山でした。▼
b0036638_22314944.jpg
阿弥陀が原湿原で30年に一度咲くという竹の花。▼
b0036638_2232329.jpg
blogにも端々に書きましたが、10時間の山道はさすがに堪えました。中級以上の登山ツアーは75歳までというのも頷けます。▼
b0036638_22321448.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-08-03 22:33 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/26076692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2016-08-04 22:15 x
全部まとめて 拝見させていただき 
改めて 我が家に届いているクラツーのパンフレットを見てみました。

言うまでもなく 私には登山はとても無理ですが
月山や阿弥陀が原湿原 に行く お気楽ツアーが 結構ありました。
東京からですと新幹線で行くようですが 木道を歩ける程度の体力があるうちに 
是非行って見たいと思います。
佐渡へも行きたいですし、さっさと計画をしなければ、、、。
Commented by okadatoshi at 2016-08-05 08:01
shinmamaさま
クラブツーリズムの今回および佐渡の金北山のツアーの共通点は山小屋ではなく、きちんとした(笑)一般的な温泉旅館に連泊で、かつコースが登山とトレッキングに分かれて選べることでした。
我々の年齢では山小屋の”めざし眠り”は、ややつらいところがあります。
動画を見直しながら帰宅後も楽しむことができました。
今年から花火とドッキングさせた企画が初めてということでした。
来年もあれば」ぜひ。ただ、お宿から出た弁当は▲でしたけども。
<< 「とと姉ちゃん」になぜハマるのか 教採へ向けて >>