鳥海山・月山で過ごす>2日目・鳥海山登頂
厳しい登山でした。
b0036638_20184756.jpg
雪渓が、涼しい。
b0036638_20193964.jpg

【追記】
鳥海山は、海抜2236m。すそ野が日本海側の独立峰です。山の名前の由来は諸説あるようですが、アイヌ語の火の山もその一つです。厳しい山で途中の休憩1時間を含め午前6時に大平口をスタート、鉾立口に着いたのが午後5時でした。▼
b0036638_20185915.jpg
登りはお花畑が多くみられる外輪山の尾根歩きでっした。雪渓を下りは鉾立口へ。▼



鳥海山の固有種のはなもあり、メモしましたがたくさんありすぎてまだ名前の判明していないものが多くあります。▼
b0036638_2019927.jpg
今日の歩数は、38700歩。
[PR]
by okadatoshi | 2016-07-31 20:20 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/26066748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小肥り at 2016-08-02 09:53 x
鳥海山に登られましたか。ボクは登ったことは無いけど羽越本線で秋田から
南下中に車窓から眺めました。
それがいつまでも見えてる、ほとんど1時間は見えてたでしょう。
富士山でも見える時間は丹那トンネルから西側30分ほどではないかしら。
鳥海山はまわりに目だった山が無いせいか、ずいぶん長く眺めておりました。
立派な山だと感じたことでした。
Commented by okadatoshi at 2016-08-02 20:02
小肥りさま
生活圏が関西の人間にとって、江戸から向こうの県名と位置関係がさっぱりわかりません。
今回やっと、山形、宮城、福島の場所がわかりました。
江戸のシトから見れば、島根と鳥取の位置関係は謎でしょね。
取鳥の方がとおりがいいかも。

鳥海山は、日本海側の海抜ゼロからスタートする独立峰で秋田県との境界線上のあります。
聞けば、江戸時代には山頂の帰属をめぐって争いがあったようです。
退職後、百名山も30座ほど登りましたが、年々厳しく、今回はかなり足の疲れも残っています。
2連泊した宿の温泉と料理に救われました。
<< 鳥海山・月山で過ごす>3日目・... 鳥海山・月山で過ごす>1日目・... >>