大佐渡縦走(1)>小木港から神戸へ
b0036638_20114155.jpg
クラブツーリズムの、大佐渡山脈縦走ツアーに参加。
金沢まで、雷鳥、富山まで初の北陸新幹線。ここから、直江津までバス。
フェリーあかねに乗りました。昨年までは、佐渡の小木港まで二時間半かかったものが、新しい高速船に変わり100分に短縮されました。
宿舎も一般旅館に2連泊。明日は、大佐渡山脈を歩きます。

【追記】(2016/05/23)
仕事の合間を縫ってクラブツーリズムの”花々あふれる大佐渡山脈縦走3日間”を申し込み参加しました。12名から催行で今回は15名。夫婦のペアは4組。後はグループや一人参加でこじんまりとしたツアーでした。
今まで登山ツアーは山小屋泊でしたが、今回はふもとにある温泉旅館に連泊だったのも魅力でした。
金沢は学生時代4年間過ごした懐かしい場所で、金沢駅で下宿先でお世話になったお宅に電話。北陸新幹線開通1周年で富山も活気にあふれていました。
ただ、大阪から富山に行くには、割高になり不便になりました。以前は富山まで行っていたサンダーバードが金沢止まりになりそれから先は、乗継専用新幹線”つるぎ”になります。梅田-金沢間の特急指定券が1450円に対し金沢-富山間の新幹線指定席料金が2360円となります。
市内は区画整理され市電も新しい。駅構内の地下連絡通路の長さにびっくり。▼
b0036638_17123847.jpg
直江津までバスで走り、直江津から高速カーフェリーあかねに乗船。昨年4月に新しくなり、1時間40分で佐渡の小木港へ。▼



宿舎はあらかじめネットで調べた通り、昭和を色濃く残している設備もかなり古い旅館。
家族経営で頑張っている感じが溢れ好感が持てました。食事も価格に比べリーズナブルで、いい温泉でした。食事の時に民謡ショウのサービス付。▼


[PR]
by okadatoshi | 2016-05-20 20:12 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/25820259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小肥り at 2016-05-21 16:47 x
船体が奇抜というか、面白いかたち。
「波浪貫通型双胴高速船」と説明がありました。胴体がふたつ・・・
真ん中の胴体・・・というか船首は海面とは接してないのでしょうか。
不思議なかたちです。動画を見ると魅せられますな。
佐渡はまだ行ったことはないけど。金塊のカケラぐらい落ちてませんか。
Commented by okadatoshi at 2016-05-21 19:28
小肥さん
時速55キロほど。
我々は、2等で、先頭部分の景色は見られませんでした。
なぎはいいけど、波が出ると、乗り心地はひどいらしいですよ。
Commented by shinmama at 2016-05-23 20:28 x
神戸から佐渡に行くのと 東京から佐渡に行くのを比べると
費用は掛かるかもしれませんが 新幹線1本で富山まで行くことができるので
東京からの方が 早いかもしれませんね。
そして直江津までのバス、フェリーの予約などを考えると ツアーがよさそうですね。

観光目的だけで佐渡へ行くより 少しでいいから山歩きを楽しみたいのですが、
okadatoshi様が参加されたのは なんと「登山中級クラス」。
軟弱な私にでも 歩けるツアーがあるかなあ? 探してみます。
Commented by okadatoshi at 2016-05-23 21:17
shinmamaさま
山小屋アレルギーのある方には今回のツアーはおすすめです。
夫婦ですと別料金なしで同じ部屋ですし、連泊で
(ちょっと古いですが)普通の温泉旅館。
標高差の合計が1000mということでしたが、天候に恵まれ快適でした。
今回のルートを個人で行くとなると単純合計で上回ってしまうし
事前に時刻のチェックなど煩わしいことがありません。
ただ天候に恵まれるかどうかが問題ですが。
<< 大佐渡縦走(2)>金北山快晴 北の出講日、BGMは”中島みゆ... >>