氷ノ越から氷ノ山(1)>動画編
春になれば恒例の氷ノ山でのスズコ採取に出かけます。
鳥取県の若桜町の”響きの森”にあるキャンプ場の登山口に駐車。氷ノ越からのルートです。▼
b0036638_23305471.jpg
チゴユリ、ルイヨウボタン、オオカメノキ、イワカガミ。▼
b0036638_2331943.jpg
山頂では多くの登山者が弁当を広げていました。

【動画の説明】
キャンプ場から氷ノ越まで旧伊勢道を上がると天保14年(1843年)に設置されたという記録のある地蔵さまがあります。そこから山頂の避難小屋を目指してブナの原生林が続く新緑の中をさわやかな尾根道を歩きます。1510mの標高は兵庫県の最高峰です。山頂の避難小屋の二階には20人は泊まれそうな布団が置いてあります。避難小屋二階から神鍋スキー場が遠望できます。▼



神鍋スキー場の様子をデジカメで拡大。▼
b0036638_2331266.jpg
100本近いスズコ。今年は早くから採れると地元の方が言ってました。帰宅後、とりあえず焼いて味噌をつけてビール!▼
b0036638_23313558.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-05-13 23:32 | 散策/登山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/25794786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazewokiru at 2016-05-14 09:31

okadatoshi様

普通なら(笑)、山歩き→帰宅→爆睡。
帰宅されて後、動画編集からブログ更新が凄い!
Commented by okadatoshi at 2016-05-14 11:32
kazewokiruさま
blog更新は、ここ3年余り毎日更新しているので、頑張って(笑)います。
毎日投稿だけが自己目的化するとマンネリになるので
日々の”行動”か”感じたこと”をアップを意識してますが息切れ種切れ状態。
ノートレの一種と考えています。
昨晩11時半ごろのアップして、今朝花の名前と動画の補足を追記しました。
Commented by shinmama at 2016-05-14 11:43 x
スズコ を検索すると
氷ノ山(ひょうのせん)山系の「スズコ」はネマガリダケ(根曲竹)のタケノコ、、とあり
そう言えば昨年も調べたのに、、、と 少々落ち込みました。

ちなみに通販では 約11本 450g以上で 500 円(税込)。
と 値段をいう私は 江戸のシトではありませんね。(笑)
Commented by okadatoshi at 2016-05-14 12:32
shinmamaさま
つれあいは、四葉のクローバーとか蕨など同系色の中で形を識別する能力だけは優れています。
この能力のために、私の食事時のしぐさも何度チェックされたことか。

今年は時期的にタイミングがあったのか、密集状態で細いものは採りませんでした。山菜が好きな方に配ります。
今晩は、湯がいてマヨネーズをかける方法で頂きます。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2016-05-15 06:14 x
としさん おはようございます。
うわーー!よかったですね。
氷ノ山行かれたんですね。
一度行ってみたいと思いつつ、、ですわ。

スケッチをありがとうございまーす。
としさんほどに 描けてたらいいなぁ、、。
スズコ 召し上がられましたか?
ありがとうございました
Commented by okadatoshi at 2016-05-15 06:32
摩耶山さん歩さん
はい、今年もなんとか行けました。
下山後、2日目ですが、筋肉痛も特にありません。
秋には、仙谷コースの急登からも久々にアタックしてみたいです。
車は往復、350km。ちょっと遠い。
<< 氷ノ越から氷ノ山(2)スケッチ編 やっと軌道に乗る模擬授業 >>