"モトコー"をウォーキング
JR神戸駅の近くに所要があり久々に、元町高架下通商店街を三宮まで歩きました。
戦前の闇屋街が発祥の高架下の街並みでディープな雰囲気があることで知られています。
道路で区切られた区間で、駅の間の名称は次のようになっています。
(JR三ノ宮駅)
三宮高架下 (ピアザKobe)
(JR元町駅)
元町高架1⇔モトコー2番街⇔元高3番街⇔モトコー4 (花隈南商店街)⇔モトコー5 (モトコーファイブ)⇔モトコータウン6 (あじさいの街)⇔モトコー7番街
(JR神戸駅)
今回はJR神戸側から元町へ向けて歩きました。
入り口の近くにデゴイチが野外展示されています。▼
b0036638_2011798.jpg
モトコー7番街。モトコーの西の入り口です。ミリタリールックとか、中古のCD、オアシス中古などの店がポツポツとあります。▼
b0036638_2011198.jpg
モトコータウン6(あじさいの街)。閉鎖された店に壁画が続きます。▼
b0036638_20113627.jpg
モトコー5(モトコーファイブ)。シャッター通りが続きます。▼
b0036638_20115318.jpg
モトコー4(花隈南商店街)。昼でもこんな感じなので夜は歩きにくそう。▼
b0036638_20122544.jpg
元高3番街。JR元町が近いので人通りも多い。昔のビルの玄関が隣接。▼
b0036638_20124739.jpg
モトコー2番街。屋根がカラフル。▼
b0036638_2013152.jpg
元町高架1。モトコーの東側の入り口です。▼
b0036638_20131394.jpg
三宮高架下(ピアザKobe)。三宮と元町を繋ぐ通りなので、"普通の"店が並びます。▼
b0036638_20141647.jpg
JR三ノ宮駅前のコブシの樹。▼
b0036638_20132436.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-03-22 20:14 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/25555287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小肥り at 2016-03-22 21:03 x
「モトコー」とは「元町高架」ということですか。
4、5年前歩いたはずですが覚えておりません。
なかなかディープですね。東京の御徒町上野・・・あたりの気分ですかね。
SLもあって。赤い丸いのは連結時の緩衝板でしょうかね。
欧米の機関車には付いてるけど、日本の付いてるのは珍しいですよね。。
京都の梅小路の機関車庫が博物館になってるそうですね。
Commented by okadatoshi at 2016-03-22 22:50
小肥りさん
はい、ディープなゾーンです。
こんな商品売れるのかな?という店があります。
差別化された品揃えなので、オタクっぽい方の需要はあるのでしょうね。
Commented by kazewokiru at 2016-03-23 10:20

okadatoshi様

鉄道関連のうんちくは(も)、小肥り氏には敵いません。

高校生の頃、高架下へよく足を運びました。
ボンド(服と雑貨)今でも営業していると息子から聞きました。

こぶしと木蓮の花は似てますね。(調べました)
・コブシは日本原産
 モクレンは中国原産
・コブシは少し小柄
 モクレンは花が大柄
・コブシは花の付け根に葉が一枚ついている
 モクレンは花に葉はついていない
Commented by okadatoshi at 2016-03-23 13:07
kazewokiruさん
神戸駅から三宮までの高架を南北に通る道路で分けて
その区間の7ブロックに1~7の番号を東から西へ振っています。
それぞれ数字以外は微妙に前後の文言を変えてますが、
看板にある「毎日が掘出市でーす!!」だけが同じフレームになっています。
売り物なのか廃棄物を並べただけかわからない店がひっそりとあります。

この画像は拡大すると、緑の葉がついてますから、コブシでいいのかな。
ちなみに、市役所の北側、花時計の横のこぶしの木にはモクレンが接ぎ木され同じ木に二種類咲いているというレポートがあります。
ややこしい。
<< 神戸総合運動公園の菜の花 ジムから帰り道の花々 >>