恵方巻き
節分の日には、我が家は手巻き寿司です。
食材の購入にスーパーへ行くと、弁当売り場が巻きずし専用の売り場になっています。厨房の職人の方も増員をされ、次から次へと箱に入れた巻きずしが箱ばれ、買い物客もこの一角に群がって特売売り場のような様相。▼
b0036638_19547100.jpg
江戸時代に大阪船場の海苔問屋が旦那衆の遊びとしてはやらせたのが根拠らしい。近年ニッパチの時期の拡販のためにセブンイレブンが仕掛けたとかネットにはいろんな情報も飛び交っています。
あわせ、豆まきコーナーでは、豆の量り売り。鬼が嫌うイワシの串刺しの干物やイワシ売り場も作られていました。
薄墨ペンで輪郭をとり少し彩色。▼
b0036638_19542648.jpg
手巻き寿司にイワシ団子の吸い物。自家製はやはり美味です。
[PR]
by okadatoshi | 2016-02-03 19:55 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/25324744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2016-02-03 22:22 x
子供が小さいときには 
豆まきも 恵方巻きも イワシも 鬼のお面も
パーフェクトに揃えていましたが、
子供がいなくなってからは それを口実にして
出来合いのもので済ませています。

okadatoshi様のために きちんとお料理をなさる奥様は 
主婦の鏡。
頭が下がります。
あ〜〜 私はなんて情けないんだろう、、、トホホです。
Commented by okadatoshi at 2016-02-04 07:13
shinmamaさま
幼い時の行事は、お孫さんとの生活の中で再現しますよ。
鬼のお手製のお面を作って、我が家で豆まきの行事をしていましたが
孫君は中学生で部活と塾生活が続き、平日は我が家にはやってこなくなりました。
やがて、高校・大学へと成長していけば、
また老夫婦の時間に戻ります。(健康であれば)

昨晩は「歳の数だけ豆を食べる」といったら、ストップがかかりました。
手巻きの具材のスケッチも考えましたが、我が家の食卓の
blogへのスケッチアップはレッドカードの対象なのでやめました。
<< ちちんぷいぷいで須磨アルプスを紹介 森を子育てにいかす >>