上越の日本百名山2座へ(4)>アラカルト
今回のツアー登山でコンデジで撮った画像は250枚ほど。
天候の崩れが予想される中で、山上では晴れ間にも恵まれました。
何よりも快適だったのは、二日間とも温泉のある普通の宿だったことです。割増料金を払うことで二人一室の部屋に泊まれました。
山のツアーの選択はつれあい任せで、二か所の山を縦走なら山小屋と直前まで思い込んでいました。
初日の宿の夕食と朝食。▼
b0036638_18192818.jpg
二日目の宿の夕食と朝食。朝食がバイキングで珈琲が飲めてラッキー。▼
b0036638_18194152.jpg
変わった画像では昆虫が直線状に笹の葉を食べた跡。この部分から枯れて定規の様に切断されます。▼
b0036638_18195215.jpg
苔の様に見えますが一面の笹の葉の群生。冬はこの上に2m以上の雪が積もり、山頂からスキーで滑れるコースになるとか。▼
b0036638_1820229.jpg
料金を安く上げるために新幹線は”こだま”と”ひかり”。そのために特急”しなの”との乗り継ぎで名古屋駅で小一時間の待ち時間がありました。

で、県を超え二杯目は100円のスタバコーヒーを試したいという希望を叶えました。(笑
松本駅でホットのトール。名古屋でアイス。▼
b0036638_1820164.jpg
レシート。▼
b0036638_18203255.jpg
新大阪へ11時20分、到着。
九州の台風の影響で、列車が遅れ気味でした。▼
b0036638_18205346.jpg
なんとか終電前に間に合い、帰宅。特に足の痛みもなくホッとしています。
[PR]
by okadatoshi | 2015-08-26 18:22 | 散策/登山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/24827422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2015-08-26 20:29 x
お天気は イマイチだったかもしれませんが
急に気温が下がったので 山登りは快適だったのではないでしょうか?

クラツーの山歩きのツアーは 常連さんが多いと聞きますが
皆さん歩くレベルが高いのでしょうね。

歩いた後にアイシングどころか 温泉に入っていらっしゃるのに
筋肉痛がないなんて すごい健脚にビックリです。
Commented by okadatoshi at 2015-08-26 20:58
shinmamaさま
今回の添乗員氏は、五龍の時の方と同じでした。
つれあいは、山情報の交換であちこちしゃべり、ツアーの終わりには
構成メンバー出身県、年齢などを把握しております。
曇りのために水分補給の量が減らせ疲れは出ませんでした。

昨晩1時過ぎに寝て、今朝も6時前に目が覚めましたが
さすがに散策は控えました。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2015-08-27 06:14 x
おはようございまーす、
としさんは 変わらず健脚 お元気ですね。
動画拝見しました。
モグラ駅 面白いですね。全く知りませんでした。
谷川岳は登りやすい登山道もあるのですね。
雄大な絶景でした。
日光白根山の 山頂展望、雲海に浮かぶ山々が
まぁ= 素敵。
歩けてよかったですね。
県を越えて二杯目は100円なんて サービスがあるのですね。
Commented by okadatoshi at 2015-08-27 07:28
摩耶山さん歩さん
今回の二座は、山小屋でなく一般の宿からのピストンだったので楽でしたよ。
日光j白根は、関東地方での最高峰ということでした。
向こうの方は車を使えば日帰りもできる距離なのでいいですね。
二杯目のスタバ100円は、別に県を越えなくてもOKですよ。
ただしブレンド珈琲のみですが。
Commented by kazewokiru at 2015-08-27 09:05
okadatoshi様

第2ステージを山歩きに目覚めておられる方が、周りに大勢おられます。
しかし、殆どが一人参加です。
お揃いで趣味を共有できるのが何よりです。
この度は、お宿も今までと違ってリッチでしたね。
Commented by okadatoshi at 2015-08-27 10:23
kazewokiruさん
今回は23人のツアー参加者でした。
触れられているように、夫婦参加は我々一組だけ。
バスでも、女性と異なり男性の一人参加者は寡黙です。
山小屋だと夏場は横になるだけで精一杯。
トイレ・洗面も使い勝手が悪い-が当たり前でしたが
今回は気兼ねなく楽でした。
<< ほっともっと球場の花火 上越の日本百名山2座へ(3)>... >>