奈良春日山原生林の散策
現職時代に一緒だった方の散策・登山の同好会が年に2回あり、参加をしました。
コースは、近鉄奈良駅 - バス - バス停東大寺大仏殿 ⇒ 奈良県公会堂
⇒ 春日山遊歩道入口 ⇒ 若草山 (昼食) ⇒ 鶯の滝 ⇒ 芳山
(はやま)交番 ⇒ 首切地蔵 ⇒ (柳生街道) ⇒ 春日山遊歩道出
口 ⇒ バス停破石町(わりいしちょう) - バス - 近鉄奈良駅
というもので、約12kmです。

奈良市内は今が紅葉の盛りで、晴れた一日森林浴もよかったです。
とりあえず、教材を仕上げ、今日のblogをアップします。
若草山。▼
b0036638_2362980.jpg
途中の茶屋も風情があります。▼
b0036638_2365010.jpg
若草山は3重になりここは山頂。342m。



弁当は柿の葉寿司。いつも一升瓶を抱えて持参し振舞う方がいます。これは、ANAのファーストクラスで採用されている飛騨の新酒とのこと。▼
b0036638_237324.jpg
柳生街道に入ります。朝日観音。▼
b0036638_2371551.jpg
鬱蒼とした道を降りていきます。昭和初期まで使っていたらしい。▼
b0036638_2372884.jpg
今日の歩数計は、27120歩。
[PR]
by okadatoshi | 2014-11-24 23:08 | 散策/登山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/23785516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazewokiru at 2014-11-25 12:17
okadatoshi様

昨日、孫を連れて一庫公園へ行きました。
小高い山の傾斜の下り、、、右足首が、パキッ。
今日、仕事を休んで整形外科へ行って来ました。
骨には異常なく捻挫でした。
テーピングで固定して何とか歩いております。
痛いし、思うように歩けないし困ったものです。

先生も足元には、お気をつけて散策なさって下さいよ。
Commented by okadatoshi at 2014-11-25 13:26
kazewokiruさん
年齢とともに思わぬ身体の不具合に遭遇し、高齢になるほど寝たきりになって行動の自由を失うケースを見聞きします。
捻挫でよかったですね。(といい聞かせましょう)
鉄人でないことを周りに示すいい機会です。
Commented by 小肥り at 2014-11-25 19:40 x
最後にならへ行ったのは・・・30年前。あるいは40年になるかも。
この近くの料理屋さんで「飛鳥鍋」というのをいただいたことは覚えている。
そうだ。マイカーで行ったんだ。
このあと岩船寺や浄瑠璃寺を回って京都へ入ったのかな。大昔の話です。
若かったんだなあ。シミジミ・・・。
Commented by shinmama at 2014-11-25 20:29 x

柿の葉寿司に美味しいお酒があるとなれば 
私も苦しい山でも登れそうな気がします。(笑)
素敵な山歩き同好会ですね。

六甲山は わが庭のごとく歩くことができる好立地にお住まいであることは
存じておりましたが、
奈良も 日帰りで山歩きができるエリアなのですね。
Commented by okadatoshi at 2014-11-25 20:56
小肥りさま
小学校6年の時の修学旅行先が奈良で『魚佐旅館』という名前でした。
猿沢の池のほとりにあり、米を持参でした。今も同じ名前の旅館があります。
限られた小遣いで最初にお土産を購入し、旅行中荷物になっていて大変そうだったとか
小学生にとって非日常的な修学旅行行事の些細なことを今でも詳細に覚えています。
高い拝観料をとって、最近では庭の撮影も禁止している京都の寺院よりも
まだ田舎っぽく人情のある奈良の方が私は好きです。
Commented by okadatoshi at 2014-11-25 20:57
shinmamaさま
毎回全国各地の銘酒を取り寄せて、重い一升瓶を担いでくる御仁がいて楽しみです。
私は画像を撮ってこの会専用のホームページを作成し画像をアップしております。
鹿が実にうまそうにどんぐりをポリポリ食べていて、動画にしました。
往復の電車代よりも安い『1DAYチケット』が発売され区間の乗り降りとバスが自由です。
十分日帰りできます。
近畿は交通の便がいいので、滋賀県あたりまで十分散策・登山エリアです。
<< JRに乗るとテッチャンになる(4) 団地の文化祭(4)講演会&発表会 >>