近場の丹生山周遊登山
昨晩久々の「近場の面白い山に行きませんか?」というKさんご夫婦からお誘いがあり、丹生山へ裏道から登るルートへ午前中出かけました。
Kさんは、100名山をあと一つ残すだけの登山歴があり、神戸森林植物園のボランティアガイドや近くの小学校の自然観察指導員もされています。
今回のルートは迷いやすいというお話なので、旅レコでルートの保存をすることに。単三電池で1日持つ優れものです。サイトを見ると、2014/04/9に生産中止とありました。
ネットで価格を調べると、amazonが安く6680円。
今後プレミア価格になるかも知れません。
歩いたコースです。▼
b0036638_1933523.jpg
軌跡を取りこんだ後で、コンデジの画像ファイルを読み込むと撮影時間でマッチングさせて画像の位置が表示されます。そして位置情報を画像に埋め込むことができます。(左側)尾根道に行くまで急な登りと下りであることが分かります。(右側)▼
b0036638_19332222.jpg
画像位置情報取得ツールを使うと、撮影場所が表示されます。以前にも当blogで紹介しましたが、復習です。▼
b0036638_19333761.jpg
Kさんご夫婦に花の名前を尋ねるとすぐに教えていただけます。マンツーマンのガイド付きです。低山ながら登るにつれて周りが遠望できます。▼
b0036638_19382979.jpg
左からムベの若い実、自生のササユリ、ネコノチチ。▼
b0036638_1934342.jpg
途中に炭焼き窯の跡や遺跡、廃寺跡などあります。
シビレ山(465m)の手前にある“古代祭祈場”▼
b0036638_1934236.jpg
丹生神社・明要寺跡については、ネットで詳しい説明があります。
丹生山(515m)。当時をしのばせる石垣。境内にある相撲の土俵。▼
b0036638_19343664.jpg
今日は家庭菜園で採れたキュウリを金山寺味噌でビールのアテにしました。
[PR]
by okadatoshi | 2014-06-25 19:38 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/22834983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2014-06-25 21:19 x

旅レコは生産中止になっていたとは知りませんでした。
すっかり私の旅のお供になり、元は取ったような気がしますが
こうなれば 壊れないことを祈るしかありませんね。

コースだけでなく 花の名前に詳しい方と一緒に歩くと すごく楽しいでしょうね。
足慣らしも順調に行われ、機器のチェックも万全ですね。
梅雨の合間に 約5時間の山歩き、、、
誠に 健脚なご夫婦で、見習いたいのですが、差がつくばかりのような気がします。(笑)
Commented by okadatoshi at 2014-06-25 21:43
shinmamaさま
昨年参加した唐松五竜の縦走コースでは男女とも参加者の最高齢が
我々でした。
確かにこのコースはきつく、今年は別個に分けたツアーしかありません。
旅行社にとっては以前にその旅行社の登山コースの参加履歴が必要とか、
ばっさり70歳以上はお断りという会社もあるようです。
海外旅行も登山も今年が最後と言い合いながら日々を重ねております。
7月に入れば週1で近場を回りたいと思っています。
旅レコは予備でもう1台欲しいくらいです。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2014-06-26 07:46 x
旅レコの紹介、スケッチありと かわらず、としさんの
多彩な 能力を感じるレポですね。
変わらず、ご活躍ですね。
すばらしい。

ありがとうございました。
Commented by okadatoshi at 2014-06-26 17:45
摩耶山さん歩さん
興味があれば帰宅後ですが、電池持ちを見ても旅レコは
いい商品と思います。
だんだん、夏山の事前準備もきつい年代になってきました。
無理のないようにに、山は楽しみたいと思います。
今朝は、起きてもつれあいともども足の痛みは感じませんが。
<< 北の出講日、教採の勉強会再開 西の出講日をすべてスケッチで >>