唐招提寺と薬師寺
昨日のTVで年に一度の唐招提寺の開山忌舎利会と御影堂特別開扉の模様をニュースで見て、朝思い立ち行くことに。
三宮からだと、奈良・斑鳩1dayチケットがお勧めです。奈良との往復だけで元はとれますし入場料の割引もあります。

正面には特徴のある金堂。ずらりと国宝の仏像が拝観できます。▼
b0036638_22503360.jpg
撮影禁止なので、手元にある昭和52年5月の“太陽”臨時増刊号「大和路」から千手観音像から。▼
b0036638_22505248.jpg
境内の様子と鑑真和上の御廟の様子です。▼



御影堂特別開廟は一年でこの4日間(例年は3日間)だけなので行列を覚悟していましたが待ち時間もなく拝観できました。
ここも撮影禁止ですが、記念の絵葉書が配布されます。
東山魁夷画伯の作品の襖絵を間近に見ることができます。▼
b0036638_22511541.jpg
b0036638_2251346.jpg
広大な境内の和上の廟では雨に濡れた苔が見事でした。▼
b0036638_22514948.jpg
戒壇のスケッチです。▼
b0036638_2252752.jpg
甍です。▼
b0036638_22522293.jpg
この期間だけ展示の新宝殿へ。平成13年まで役目をはたしていた甍が展示されていました。

次に西ノ京近くの薬師寺へ。
雨も上がり、赤と緑の格子のコントラストが見事です。▼
b0036638_2253958.jpg
薬師寺 玄奘三蔵院。▼
b0036638_22532484.jpg
大講堂を金堂。▼



東塔は平成30年まで解体修理中です。
左は“太陽特別号”(昭和52年5月)に収められている東塔。手前はまだ建設されていない西塔の部分。▼
b0036638_22534846.jpg
薬師寺東塔の「千年の釘」の展示や、平山郁夫氏の“大唐聖域壁画殿”も見られます。▼
b0036638_6493287.jpg
境内には萩の花が咲いていました。▼
b0036638_225454.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2014-06-06 22:55 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/22746018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2014-06-11 20:11 x

薬師寺に行ったことがないので サイトを見ながらブログを拝見しました。
「東寺」と書かれている3か所は 「東塔」?
平成30年まで修理にかかるのですね。メモメモ

先日の宇治の平等院に続いて 「うまし うるわし 奈良」の唐招提寺。
京阪神はどこでも日帰りで行けるという環境が羨ましいです。
Commented by okadatoshi at 2014-06-11 20:48
shinmamaさま
きちんと読んでいただきありがとうございました。
東寺→東塔の間違いを訂正しました。
最近、ミスタイプが目立ちます。加齢だけならいいのですが。
今回は、東山魁夷画伯と平山郁夫画伯のこの期間だけの
原画がダブルで見られてラッキーでした。
山ばかりに行き寺院には二人とも久々で新鮮でした。
<< 老眼になった君へ 北の出講日、もっとゆとりが欲しい >>