氷ノ山で山菜採り(3)
昨年の05/31と同じタイトルです。秋にも来ているので、今回が10回目の氷ノ山。
往復310km。自宅から登山口まで、2時間半。
登山口は海抜910m、山頂は1510m。高低差600m。往復3時間余り。▼
b0036638_22265649.jpg
途中の戸倉峠の手前に音水湖ではカヌークラブが練習をしています。▼
b0036638_22271282.jpg
仙谷コースはまだ残雪もあり道が整備されていないという情報なので、氷ノ越まで登り尾根歩き。▼
b0036638_2227357.jpg
ブナの原生林を抜けて、氷ノ山を目指します。▼



ニリンソウ、サンカヨウなどが今年は見られました。▼
b0036638_22275323.jpg
クマに注意の表示にクマの爪痕が。▼
b0036638_22283155.jpg
舂米(つくよね)の棚田です。昨年のblogを見ると、同じ位置に軽四輪が止まって田植の準備をしています。▼
b0036638_22284518.jpg
途中の名水は明朝のコーヒー。スズコはビールの友。▼
b0036638_22285827.jpg
実は、帰りに“ノリさん”と今年も遭遇し、5歳の男のお子さんと一緒に写真を撮りました。
[PR]
by okadatoshi | 2014-05-24 22:33 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/22680354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2014-05-25 18:07 x

スズコを どのように料理して召し上がるのだろうと思って調べましたら
http://okadatoshi.exblog.jp/11150369/
ちゃんと 纏めていらっしゃいました。
記事ランキングでも10番目に入っているので、検索される方も多いのでしょうね。

熊が出没しそうな場所を動画で見せていただくと 出ないとわかっていても いかにも出そうでドキドキします。
それほど広くない山頂に 多くの人がいらっしゃるところを見ると
熊にも人にも人気の山なのでしょうね。
Commented by okadatoshi at 2014-05-25 19:48
shinmamaさま
帰りの道の駅に寄ったら、“氷ノ山のスズコ”@500円とありました、
しっかるい売れて札だけでした。これからが旬です。

クマはこの看板の後ろ側にも爪痕があり、若桜警察署の警告のポスターも貼ってありました。
それにはもし熊に出会ったら・・・
●大声を出さない、刺激しない
●持ち物を地面に置いてゆっくり後ずさりをする
●クマに背を向けるのは危険です
●クマは泳ぐことも木にも登り100mを7~8秒で走ります
●死んだふりはまったく意味がありません。絶対にやめましょう
とありました。実際に出会ったら落ち着いていられないでしょうけど。
<< サライの6月号 須磨離宮公園“ローズフェスティバル” >>