携行品(ベトナム・シムリアップ旅行 追記 02)
空港の銀行での換金は金種が選べないので、事前に市中銀行で、1ドルを20枚ほど予め用意しました。
チップや小物購入に役立ちました。現地の土産物屋では、ドルと千円で大丈夫でした。
コンセントはAタイプが多いのですが、一部Cタイプがあり持っていった方がいいです。
ツアーの場合ホテルが1日1本ずつミネラルウォーターのサービスがあり、余りました。
アンコールワットは見どころ満載なので、資料を予め読んだ方が歴史を楽しめます。
時差が2時間なので睡眠時間の調整はしないで済み楽でした。
アンコールワットは時期的には1月がお勧めです。
雨季の花もきれいで、雨と言ってもスコールなので避けなくてもいいとの事でしたが。
ipad miniが」役立ちました。ホテルではすべて無料のwi-fiが使えました。skype-outの通話時間をユーロで購入しておくとパソコンがない相手にも黒電話や携帯に安く電話ができて便利です。

私の携帯品は下記のようなメモ帳、スケッチ道具、デジカメと充電器etcです。▼
b0036638_7342870.jpg
帰宅後に“旅レコ”と画像データを時間でマッチングさせたので、撮影場所が分かり重宝しました。
メモは毎回海外旅行ではするのですが、“水筆ペン”の使用でどこでも色づけが可能でスケッチ以外にメモに色を付けることで、後で記憶が鮮明になります。
50枚ほどになりましたがメモの例です。
レストランで3.5ドルのビールもコンビニでは日本円で60円程度。制服姿の人の仕事。▼
b0036638_7344180.jpg
果物の種類や気になった食事。▼
b0036638_7354659.jpg
メモ帳を見直せば、話題は膨らませることができますが今回の旅行記は一応、今日で終わります。
[PR]
by okadatoshi | 2014-02-24 23:59 |   Vietnam Cambodia | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/22136455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2014-02-26 08:15 x

ヨーロッパ旅行であっても 荷物が少ないとおっしゃっていたので、
今回は夏物衣服ですし、さぞかし荷物が少なかったのでしょうね?

写真を写しても それが何の写真であるか 帰ってくると忘れていることが多いのですが、
(最近 特にこのケースが増えてきています)
その場でメモ書きにされていると 思い出す時に重宝するでしょうね。
現実は カメラだけで両手一杯の状態なので、写す枚数を減らして メモをするなど 作戦をたてることにします。

Commented by okadatoshi at 2014-02-26 08:31
shinmamaさま
我々二人で、旧式の重たいスーツケースで20kgを切ります。
今回は、170ドル換金でそれでも余ってしまいました。
つれあいはツアーの人たちをおしゃべりを楽しみ
私はせっせと記録で忙しく、買い物の楽しみとは無縁です。
帰宅後、一気に資料を整理しておくと後で見直すときに
楽です。
じっくり反芻しながら、スケッチの素材を探す楽しみがあります。
Commented by maruyamakazuyo206 at 2014-02-27 23:58
toshi様
楽しく拝見させていただきました。いつの日か おとずれたい!いつも夢ふくらみます。
Commented by okadatoshi at 2014-02-28 06:36
maruyamakazuyo206さん
つれあいを無くして、一人でツアー参加を楽しむ
パワーアップされた女性が複数いらっしゃいました。
男性一人参加というのは少ないですが。
<< ピラーロックから岡本梅林へ 旅行中の動画(ベトナム・シムリ... >>