吉備津彦神社から吉備津神社散策
西へ出講日。
午後から時間がとれたので、桃太郎ゆかりの神社へ行きました。
岡山駅から吉備線に乗り、15分足らずで備前一宮駅へ。▼
b0036638_22461226.jpg
ここに、吉備津彦命を祀る神社があります。▼
b0036638_22462617.jpg
安政の大灯篭と言われ六段造り、高さは11m。笠石は八畳敷の広さがあると言われています。▼
b0036638_2246389.jpg
そこから似た名前の吉備津神社へ向けての散策路を2kmほど歩きます。
途中に、鼻ぐり塚がありました。700万個とも言われる屠殺された牛たちの鼻輪は壮観。
神戸牛は美味いなどという人間の傲慢さを感じます。▼
b0036638_22465134.jpg
ブタさんの顔も恨めしそう。
そしてなぜか馬頭観音が祭られています。▼
b0036638_2247884.jpg
国宝の吉備津神社の拝殿です。桃太郎伝説の吉備津彦が祭られています。▼
b0036638_22473029.jpg
400mといわれる回廊は見事。▼
b0036638_22474470.jpg
どこかに食堂があるかと思ったのですが皆無。
帰りの電車も1時間に1本。ここも車社会です。
[PR]
by okadatoshi | 2013-10-29 22:48 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/21372568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2013-10-30 09:35 x

公共の交通機関で 平日に移動しようとする場合、
ちょっと本線から離れると 便数が余りに少なくて びっくりします。
車がない生活をしているので 時刻表をにらみつけることがあります。(笑)

「吉備津彦神社」と「吉備津神社」とは なんと紛らわしい名前でしょう。
地元の方は 別の呼び名を使っているかもしれませんね。

鼻ぐり塚も 長い回廊も見てみたいし、このルートはメモメモさせていただきます。
Commented by okadatoshi at 2013-10-30 22:34
そうなんです。普段は10分も待たないでも来る地下鉄の生活から、地方のローカル線は、ドアは自分で開ける。後ろの車両に乗ると出れないホームがある。
ワンマンカーで切符をどうしていいかわからないなどなど。

「吉備津彦神社」と「吉備津神社」同じ人物を祀ってあるように思います。
私も違いがよく分からない。
この“吉備”地方には、やたらこの地名もあちこちに登場してきます。
<< 氷ノ山+西条柿 ROKKO MEETS ART >>