六甲山のピラーロック
山登りから1カ月ほど遠のいているので、ロックガーデン周遊のコースを登りました。▼
b0036638_21194565.jpg
高座ノ滝には、藤木九三翁レリーフがあります。ロックガーデンの名づけの親です。
実は同じレリーフを別の場所でも撮っています。
右側のものは、槍ヶ岳から槍平へ下山する途中で2008/08/08に撮影したものです。▼
b0036638_2120923.jpg
風吹岩の手前からピラーロックへ。
都心に近い所にこのような奇岩群のあることはあまり知られていません。▼



魚屋(ととや)道を下りました。
昔、神戸から有馬まで魚を運んだツーとからこの名前がついたと伝えられます。
実は蛙岩を見たくてこの道を選びました。
標識のない裏側から見た方(右)が蛙に似ています。▼
b0036638_21211010.jpg
芦屋川方面に下りると山手中学の北側に、会下山遺跡があります。▼
b0036638_21212753.jpg
周りの草が刈られ見やすく整備をされています。▼
b0036638_21214971.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-09-06 21:24 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/20967302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2013-09-07 07:12 x
おはようございまーす。
いいルートですね。
ピラーロックへは 私も知っている横道から 寄られたのですね。
あの道便利でいいですね。
蛙さん 私も 無性に会いたくなる時があります。
お疲れ様でした。
涼しくなりましたね。
Commented by okadatoshi at 2013-09-07 08:11
摩耶山さん歩さん
はい、木陰は心地よいハイキングコースです。
蛙岩は初めての遭遇でした。
ピラーロックは、隠れた名所ですね。
少しずつ足慣らしです。
<< デジの目の電子書籍(4) 絵とのかかわり>(13)... >>