唐松岳・五竜岳縦走(まとめ)
b0036638_15345394.jpg
ツアーなのでゆっくりと撮影ができませんでしたがそれでも、花を撮ることができました。
ただ、気象条件の情報に振り回されました。
ツアーの場合には添乗員の判断に従うしかなく、ピンポイントの気象判断が真逆の判断をしたのが残念ですが、無事に帰れたので良しとします。
ツアーは15人でしたが、そのうち夫婦での参加は、我々を入れて二組でした。
一人参加の方は、つれあいの方が体調が悪く行けなくなったり山に興味がない、死別されたなどいろいろです。今年も、参加が出来たのはありがたいと思います。

今回驚いたのは、男女ともに我々が最高齢でした。
公職を辞してから10年経ち、元気と思っていても二日目に疲れが出たのは事実です。
山のレベルも再考すべき年代に入ったことを自覚しました。

宿舎の食事もまとめておきます。
いずれも一泊二食付き宿泊料金は九千円です。
八方池山荘はリフトの終点駅と隣接しており、豊富な物資が安価に搬入されるためか食材が豊富です。寝具は、一人に一セットあり寝られました。
夕食は結構品数の多いバイキング形式でした。▼
b0036638_1535999.jpg
朝食も和食で水準以上。▼
b0036638_1536169.jpg
五竜山荘は、ネットによるとカレーが名物とあります。
夕食。お代り自由。カレーは少し辛目です。▼
b0036638_1536145.jpg
朝食。▼
b0036638_15362881.jpg
下山後の温泉でそれまでの苦労が吹っ飛びます。これは自前。▼
b0036638_15364179.jpg
今回のツアーで、つれあいによると、北岳と穂高のツアーでそれぞれ一緒だったという方と再会しました。
関西にいて山歩きが好きな層というのは、案外かぎられているのかも知れません。
今回の参加者の中には、今月にはまた別のツアーに行くという常連の方も複数います。
人数が少ないので、一泊すれば、話題を提供する人・聞き役と、グループ内での役割が自然と出来上がり打ち解けて、帰りの挨拶は「ではまたどこかのお会いしましょう。」で別れます。
[PR]
by okadatoshi | 2013-08-04 15:37 | 散策/登山 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/20813491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazewokiru at 2013-08-04 17:13
okadatoshi様
お帰りなさい。
この所、夏山登山で遭難が多発しており、実は心配していました。
今回は、気象条件も含め厳しい登山の行程が垣間見えます。
それにしても健脚でお元気な事です。
okadatoshi 様ご夫婦の山歩きはいつまで続くのでしょう。
Commented by okadatoshi at 2013-08-04 17:36
kazewokiruさん
いつも、これが最後と思って出かけてます。
海外と登山はその都度、保険に入っています。
今回も、事前に六甲でトレーニング登山をしてから行きましたが
年々疲れの蓄積があるように思います。
今朝は、足の筋肉が張った感じがありますが、歩けないような
痛みはありません。

でも、来年は、このクラスの山は厳しいかもしれません。
参加者で我々夫婦が参加者の最高齢というのには参りました。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2013-08-04 20:29 x
お天気しだいですね。
お疲れ様でした。
滝雲拝見しました。
3日は お天気が良くて すばらしい思い出つくられたでしょうか。
唐松で一泊を入れる ゆっくりなら いい感じで歩けるのでしょうか。
個人山行でゆとり山歩きにされたら よいかもですね。

ありがとうございました。
Commented by okadatoshi at 2013-08-04 22:23
摩耶山さん歩さん
経験者とツアーでなくて行ければ、それぞれのペースに合わせて
世鳥のある日程が組めるのでしょうね。
梅雨明けは、天候が不安定ですね。
今回は雷が起きなかったのでラッキーでした。

滝雲は幻想的でした。
Commented by shinmama at 2013-08-05 09:02 x

お帰り後 すぐにお孫様のイベントに、、
そして 私も顔負けの 怒涛のブログアップ、 
okadatoshi様のエネルギーは 枯渇することを知らないようです。

目標を立て、それに向かって ご夫婦で六甲の山を歩かれる姿勢は 行き当たりばったりの私に 一番欠けていること。

ずっと体力維持をされ、チャレンジされる奥様を 私は尊敬しております。

お疲れ様でした。
 
Commented by okadatoshi at 2013-08-05 09:19
shinmamaさま
今回は350枚の画像なので、枚数は多くはないし、それぞれの日に
気になった事柄は決まっていたので、スムースでした。
それに近年忘却力が強化され、すぐにやってしまわないと
後になってより内容のあるものができるとは、言えないのです。
つれあいは、山仲間が団地に数人いて、毎月どこかに行っています。

夏期講座の資料作成がちょっと大変で、サブノートにデータを
入れ終わったところです。
Commented by m.m(京都) at 2013-08-05 21:26 x
ツァーにご一緒に参加しました京都のm.mです。
山行のブログ楽しく拝見いたしました。
山の花の写真も、スケッチも素晴らしいですね。

趣味や生活を豊かに楽しんでおられるのを、羨ましく思います。
又、覗かせて頂きます。
ありがとうございました。
Commented by okadatoshi at 2013-08-05 22:55
m.m(京都)さま
今回は天候に振り回されましたね。
それでも、3日目の雲海の中の朝日で帳消しです。
無事の帰り、また機会があれば行きたい気持ちが
残っているのをありがたいと思わなくては。

その日の目に留まったものを書き散らかしている
blogですがまたお越しください。
<< サブノートの小物購入 唐松岳・五竜岳縦走(三日目) >>