唐松岳・五竜岳縦走(三日目)
翌朝は、天気予報に反して素晴らしい展望でした。
山荘の従業員が「この2週間の中で最高の見晴らし」とカメラを持ち出して宿泊客と一緒に撮影をしています。▼
b0036638_15291126.jpg
今朝なら体力も戻り登れたのにと皆残念がってました。
添乗員からは、「昨日の天気予報の判断からすれば、皆さんの健康と安全を優先するための処置で結果的には残念でした。」
ただ、行程表には3日目に五竜に登山とあるのに、添乗員の判断と契約会社の天気予報のために、前半の難所を急がせ休憩時間をとる余裕もなく疲労が蓄積した結果になりました。
最終日に素晴らしい展望が見られたのでここは我慢。
一瞬、槍ヶ岳の時にも見たブロッケン現象がここでも見られました。
富士山も遠望できアルプスの山々が目視できます。▼
b0036638_15292673.jpg
五竜山荘周辺のロケーションです。白山から唐松岳を望む直下に最低鞍部があり、早朝に“滝雲”という珍しい画像を撮れました。▼



西遠見の尾根伝いに6時間の下山です。
五竜から鹿島槍への鋭いキレットもきれいに見えます。▼
b0036638_1529421.jpg
雪渓の不思議な模様。▼
b0036638_1530563.jpg
今年は雪渓も残りまだ高山植物が豊富に咲き誇っています。▼
b0036638_15302174.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-08-03 23:59 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/20813466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2013-08-04 20:43 x

なかなか 見ることができない 貴重な画像を拝見させていただきました。

中でも 滝雲は 感動的です。
以前写真で見たときに 私に見るチャンスはないだろうと思っていた現象でしたので 動画で拝見できて うれしく思いました。

珍しい植物に 珍しい雪渓、、、しっかり記憶しておこうと思います。
Commented by okadatoshi at 2013-08-04 22:27
shinmamaさま
例年ですとこの時期、五竜山頂の雪渓はないそうです。
その分、高山植物も長く咲いているようでした。
周りが雲の絨毯状態で、3日目の風景で疲れも吹っ飛びました。
Commented by pageonetantetsu at 2013-08-09 08:10
雲海の上。素晴らしいですね。10年前、三俣山荘にライチョウのモニュメントを取り付けるために、一度だけ北アルプスに登った事があります。
下界とはまったく違った世界でした。
Commented by okadatoshi at 2013-08-09 20:39
pageonetantetsuさん
モニュメントのblog拝見しています。
山小屋の名物作品になっているでしょうね。

雲海も滝雲もほんとうに絶景でした。
<< 唐松岳・五竜岳縦走(まとめ) 唐松岳・五竜岳縦走(二日目) >>