氷ノ山で山菜採り(2)
2012/5/27と同じタイトルです。
blogも9年目になると毎年同じような時期に似た内容を投稿しています。
その場合には先の書き込みを参考に異なった視点で編集したり、定点観測的な画像を考えたりしています。
つれあいの画像チェックによれば、春の氷ノ山は8回目です。
二人の日程が合い晴天の時は、山に行くことが多いです。

最初の一枚は1年前と同じアングルです。
同じ道の角にやはり同じような車が停まっています。▼
b0036638_2255825.jpg
昨年のような雪はなく響きの森で確認すると下りでなければ、仙谷コースは大丈夫との情報で今年はこのコースから登りました。
このコースは健脚コースできつい沢登りが続き特に最後の登りが急です。
途中の栃の木やブナの木がありおもしろいコースです。▼
b0036638_22552015.jpg
花々もあちこちに咲いています。▼
b0036638_22553168.jpg
山頂(1510m)では中学生が、氷ノ越では小学生の団体がいました。
自然学級でしょうか。▼
b0036638_22554030.jpg
今日の収穫です。▼
b0036638_22555527.jpg
往復310キロ。梅雨の晴れ間で快適でした。
秋には、ブナの黄葉と道の駅で柿を購入予定。

追記:
氷ノ山の様子は、氷ノ山登山ガイド則さんの日記にホットな情報があります。
このホームページを見てから登るのですが、前回はその則さんと遭遇し写真を一緒に撮りました。
そして、今回も下りで、天狗のような速さですれ違った方が「もしや則さん?」と声かけとしようかと振り返ったらもうはるか後方。昨晩blogで確認したらご本人でした。奇遇。
[PR]
by okadatoshi | 2013-05-31 22:57 | 散策/登山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/20528321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2013-06-01 07:29 x
以前に同じところへ行かれたブログをクリック一つで辿れるようにしてくださっているのは 拝見する側にとっても記憶を積み重ねていくことができてよいものですね。

「ネマガリタケ」という山菜の名前は前回のブログ中から。
ただ、棚田の名前が読めず、これだけは調べました。
「つくよね」と読んで正解ですか?
Commented by okadatoshi at 2013-06-01 08:41
shinmamaさま
同じような記事を毎年載せているので、重複しないようにチェックしています。
春ににた字をなぜこう読むのかわかりません。
下記の文字も当て字です。
舂米(つくよね)

今日は少し、腿が貼る程度です。
新緑のブナの原生林は気持ちがいいです。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2013-06-01 19:52 x
仙谷コースだったのですね。
8回目とか。
きっと いい山なんですね。
すずこ ご近所で売ってるんですよ。
お土産も出来てよかったですね。

まだ いけてなくて いつか行かねば。
ありがとうございました。
Commented by okadatoshi at 2013-06-01 21:27
摩耶山さん歩さん
今日の夕食は、スズコを焼いたものと、ワラビと一緒に煮たものが食卓に並びました。
いい山ですよ。兵庫県の最高峰ですし。
ぜひぜひ、一度。
頂上の山小屋には、屋根裏に布団も置いてあります。
早朝撮影を狙っている方が泊まられるようです。
Commented by maruyamakazuyo206 at 2013-06-02 22:52
toshi様
氷ノ山は、スキーを したことがありますが、あるいたことが ありません。ブロクを、みせていただき あるいてみたいなあと思っています。二女が、氷ノ山に
昨日 スズコとりに 行っているはずなんで 明日帰ったら 我が家にも スズコが あるかな?
Commented by okadatoshi at 2013-06-03 06:21
maruyamakazuyo206さん
兵庫県側からだと、親水公園に車を置いていけば、なだらかな歩きやすいハイキングルートが続きますね。
スズコは場所によって密集度が異なります。
今は、少し笹薮を入ったところでないと採れませんでした。
ご家族で健脚ですね。
<< ipad mini を使い始める 今日のSDカードから(33) >>