栂尾山から天皇の池経由で須磨離宮
午前中晴れ間だったので軽いハイキング。
奥須磨公園の無料駐車場に車を置き、六甲全山縦走路の横尾山に登る急階段から栂尾山まで登りました。
展望台から明石大橋を望むパノラマ画像です。▼
b0036638_1758137.jpg
ここから水野町へ下るルートを選び、天皇池を目指しました。
ルートは、次の通り。▼
b0036638_17582895.jpg
天皇の池です。須磨離宮公園が造営されたのは良質な水が供給できることが選定された大きな要因でした。
当時はコレラなどの疫病が流行り、天井川を堰き止めて水を貯めて「水源地」にしました。
通称「天皇の池」と呼ばれます。池の横にある隧道は大雨の時の土砂水の「迂回路」として作られたようです。
途中に地元の方で水を汲みに行く方とすれ違いました。
この隧道と同じデザインのものが須磨離宮公園内にもあります。
池は透明度が高く、中国の黄龍の池を連想しました。▼
b0036638_17584460.jpg
須磨離宮公園の梅林です。メジロと遭遇。
今がちょうど見ごろ。土日だと先着順に甘酒の振舞いがあります。▼
b0036638_17585529.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-02-26 17:59 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/20073241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maruyamakazuyo2 at 2013-02-26 22:09 x
toshi様
今日のブログの 長い階段を登って 馬の背を歩き した道に降り
高取山を 歩いて帰ってきたことが ありました。随分以前のことですけれど、梅の時期ですね、離宮公園の梅を見た 記憶が ないのです。行ってみたいと 今思っています。須磨浦公園の梅は
何度も見てるのですが、 
Commented by okadatoshi at 2013-02-26 22:38
maruyamakazuyo2さん
天皇の池へ行く道と直接須磨離宮公園へ入る道(料金所がないのでそのまま園内に入れてします)が分かれますが、2/28まで工事で須磨離宮の道は入れませんでした。
次回はなおっているでしょう。
梅林はほのかに、梅のにおいがしています。
推薦もあっていいですよ、菜の花は、ヒヨドリにやられて丸裸。
Commented by 小肥り at 2013-02-27 16:20 x
ということはむこうにウッスラ見えるのは淡路島ですね。
ほんの昨日、BS放送で夜「空から日本を見てみよう」という番組をやってまして
「淡路島の巻」 でした。見ましたよ。
「須磨」なんていい名前をもらってますね。
Commented by okadatoshi at 2013-02-27 18:19
小肥りさま
はい、淡路島と明石大橋です。
この海峡で、イカナゴ採りが始まっています。
今日は手始めに、つれあいが1キロの釘煮を仕上げておりました。
画面左手の山上には、須磨の浦山上公園があり、梅林が広がります。
3月中旬に入らないとここの梅は咲きません。
今年もいずれ、チェックに参ります。
<< 今日のSDカードから(24) 春の菜園へ向けて >>