母校の同窓会総会の発送業務
京阪神の同窓会のお世話をしていますが本年度の総会の案内状の袋詰めを午後から行いました。今年度は29期(52~53歳)が全面的に総会の運営を行い、私たち理事会がバックアップをします。
何度か当blogで触れてますが、会の若返りと広報紙発行による会費でなんとか経済的な基盤をやっと確立できました。▼
b0036638_21474616.jpg
同窓会の会合などには、梅田にある鳥取県関西本部で交流室を無料で貸して頂けます。IJUターンとあるのは、就職等により都市部に定住した人が、元の地方に戻って定住することを.『Uターン』、別の地方に定住することを『Jターン』、もともと都市部に居住していた人が地方に定住することを『Iターン』といいます。Jは知らなかった。▼
b0036638_21475974.jpg
本棚に故郷の昭和の時代の写真集がありました。
パラパラと開いてみると、久松公園のラジオ塔、世界館という映画館など次々と懐かしい写真がありました。

これは、昭和35年の鳥取駅です。高校を卒業し県外へ出ていく級友を鳥取駅に集まっては残ったものが見送っていたことを思い出します。当時、県外へ出るということは、地方の高校生にとっては、未知の世界へ飛び立つ決意や気負いがありました。▼
b0036638_21481245.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-09-22 21:49 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/19025736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazewokiru at 2012-09-23 09:14
okadatoshi 様
最近、鳥取の報道を見聞きしますと妙に反応しています。(笑)
子供達が小さい頃、会社の保養施設があり大山へはよく出向きましたが、
県人でもなく無縁の土地です。
迎えてくれる故郷のある人は良いですね。
Commented by okadatoshi at 2012-09-23 15:14
kazewokiruさん
つれあいも同郷なので、帰省は一か所ですし、両親の墓もあるので年に2回は墓参へ帰ります。
親戚もほとんど、地元が多く、今の時期は梨など送ってくるので、いいですよ。
Commented by yoshiko kohno at 2012-09-28 08:32 x
ご無沙汰しています。先生のご出身は鳥取だったのですね。
友達の息子さん(高3)が数年前まで先生がご勤務なさっていた高校の生徒さんです。
大学受験下見の為鳥取へ行った時、環境のことを勉強できるとてもよい設備のある大学を見つけたそうです。
その時は私立だったようですが、最近公立になり受験が難しいかな?と
悩んでいます。先生はご存知かなと思いまして。
Commented by okadatoshi at 2012-09-28 09:01
yoshiko kohnoさん
鳥取環境大学ですね。
孫を連れて帰省時に、何度か遊びに行っています。
http://okadatoshi.exblog.jp/18078316/
兵庫県で高校教員をしていて、一緒に教育工学の仲間だった方が教授をしていますので。

私立の時は、定員確保が難しかったのですが、今年度から公立移管。
倍率は10倍に。学費は年間半額になり70万円に。
学生の質も上がってます。
<< 新中古の商品がねらい目 冷蔵庫の価格調べ >>