NEW EDUCATION EXPO 2012大阪
午後から表題のセミナーへ参加しました。
教育のIT化の追い風もあって、展示会場のブースには多くの展示がありました。
教科書会社の教科関係の提示ソフトについては、まだ限定された教科書の提示にとどまり使い勝手の面から言えばコンテンツの不足が否めません。
GRAPESを使った方が、より多様な関数提示の教材が組めそうに思いました。
ICT壁面システムは生徒席のタブレットPCが端末になり興味を引きましたが、すべての学校にこのシステムが行き渡るのか、教師が使いこなせるのかコスト面からの採算性も難しそうです。▼
b0036638_2323290.jpg
セミナーでは“教育の情報化”の「普通教室での1人1台タブレットPCの活用」の公開授業に参観をしました。箕面市立土々呂美小学校3年生の「三角形の仲間を調べよう」の授業でした。
小中一貫校で文科省の研究開発学校で研究発表を行い校内LANやTPC、ICT支援員のサポートも常駐しています。
200人ほどの見学者の真ん中で物怖じなく児童は算数の授業を受けていました。
児童たちが発達段階に応じてこれらの情報機器をどのように取り組まれていくのか率直な内部の意見が聞きたいところです。▼
b0036638_23231757.jpg
今回のセミナーで集まったNifty時代のフォーラムfcaiのメンバーでミニオフ会を、アサヒ ビアダイニング スーパードライ 阪神で開催。
久々のメンバーと盛り上がりました。5人の内3人が同じ型の無線ルーターを持っていました。やはりパソコンとは縁の切れないメンバーです。▼
b0036638_23232982.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-06-22 23:26 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/18478929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 有馬の街を散策(2) 数学Aの模擬授業 >>