地獄谷から風吹山
六甲山の登山路でショートコースの芦屋川から風吹山へ登り阪急六甲駅まで下るコースです。高座の滝から地獄谷を経由するコースを選びましたが3度目です。Webでは上級者コースとなってます。足場の確保が難しく年々ハードに感じます。

登山路への車道を登りつめたところに、警察車両と消防車が止まっており、図面を前に何やら話してました。合同救助訓練かと思い通り過ぎましたが、地獄谷へのかかりで、また無線機を持った方々が。
聞けば、「26日に六甲山に入り日帰りで帰る予定の方が帰らず家族から捜索願が出ているので、昨日から捜索をしている」とのこと。本人は東灘区の山とだけ言って出たようです。74歳の方ですが単独行。
岩場で滑り打ち所が悪ければ、この地獄谷でもかなり危険です。▼
b0036638_22381592.jpg
登り切ったところで、A懸に取り付きましたが、、、。▼
b0036638_22382624.jpg
巻道からA懸の山頂へ登りピラーロックを見ると、一つ目小僧のように見えるものが一斉に私たちの方を見つめています。よく見ると動いているようでヘルメットが反射しているらしい。
ピラーロックそのものが不思議な光景ですから宇宙人が地球を攻撃するSF映画のロケかとも思ってしまいました。これは、遭難者を捜査中の機動隊の方々のヘルメットでした。▼
b0036638_2239145.jpg
都心の近くにこのような奇岩があることは、一般の方々はあまり知りません。▼
b0036638_2239391.jpg
風吹岩の鉄塔のある広場です。普段は猪が弁当を狙ってきますが、さすがに今日は来そうもありません。東灘の機動隊や芦屋の消防隊で15人程度の小隊編成で4班ほど。
昼食と捜査範囲の分担をされてました。▼
b0036638_2240349.jpg
ここから保久良神社を通り岡本梅林を経由して阪急六甲へ降りました。
保久良の梅はまだまだ蕾。岡本梅林はチラホラ咲きでした。▼
b0036638_22401927.jpg
旅レコの今日のコースです。▼
b0036638_22404077.jpg
距離を横軸に高度を表示します。地獄谷の厳しさがわかります。
ピラーロックから風吹山までのルートがわかりにくく、捜索隊と一緒に上がりました。
(クリックすると拡大します)▼
b0036638_841931.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-02-28 22:44 | 散策/登山 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/17883869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2012-02-29 09:11 x
右上の写真が 「コウヤボウキ」に変わりましたね。

ハードな山歩きをされるのですね。
大きな岩がゴロゴロして、まさに「地獄」のようです。

旅レコでみるとコースがよくわかります。
上りも下りも安定したスピードで 一気に歩いての6km。

私も「旅レコの山デビュー」をしたいのですが、寒さにいじけて 腰の重たいパートナーなのです。
Commented by kazewokiru at 2012-02-29 09:18
okadatoshi様
捜索隊とご一緒で良かったですね。
10年来のトレーニングの成果が健脚に表れていますね。
【質問】
・遭難対策は?
Commented by okadatoshi at 2012-02-29 09:46
kazewokiruさん
つれあいに引っ張られての山行ですが、山で出会う人で二人で登れる高齢者は少ないです。
いずれかが歩行困難という例も出始める年代です。
知人は、山岳保険に入っているようです。
ヘリ出動でも条件がいろいろありますね。
ツアーでアルプスに登り時は掛け捨てには入ってますが、ハイキング登山も対象にしているものに入ろうかなと物色中。
参照:山岳保険
http://etozan.seesaa.net/article/134828230.html
http://yamatabi.que.ne.jp/daydream/hoken/index.html
Commented by okadatoshi at 2012-02-29 12:27
shinmamaさま
気づいていただけましたか。(^^ゞ
blogをacebookにシェアするときに、いつも運動公園の孫悟空の説明では興ざめなので、キーワードを変更し、画像も季節の折々に目に触れたものと頻繁に変えるようにしました。
ここは、ショートですがきついコースです。
幸い、二人とも今朝は筋肉痛はありません。いかに今まである運動能力を退化させないでアンチエージングを心がけるか。ジムも、外歩きも医療費の一部、健康寿命維持の投資と考えることにしました。
暖かくなれば、旅レコでの地上絵を孫に提案をしてみようと企てています。(一部修正し同文を再アップ)
Commented by pageonetantetsu at 2012-03-01 07:56
六甲を知りつくされていますね。一度連れってください。
Commented by okadatoshi at 2012-03-01 09:04
pageonetantetsuさま
この日の民放TVで、六甲山の登山ルートの目印に、無責任な若者が自分たちの勝手で蛍光塗料で幹に書き付けている危険な事例を紹介していました。
山岳ボランティアの方が消している様子が放映されてました。
都心から身近にあっても、やはり山です。年齢にあわせ、臆病に登りたいと思っています。
体力にあわせ、ハイキングコースも多くあり楽しめる山なのですが。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2012-03-01 13:48 x
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120301/hyg12030102400003-n1.htm

としさん 発見されたそうです。ただ 残念な結果だったようです。
ご冥福をお祈り申し上げます。原因は調査中とか。
Commented by okadatoshi at 2012-03-01 14:00
摩耶山さん歩さん
地名で見ると保久良神社の近くですね。
多様なコースが楽しめる六甲ですが、年代的にも気をつけなくてはと思います。

今朝は、アイスクライミングのNHKしっかり拝見しました。
<< sanwaのminiSDカード... 我が家の雛飾り(3) >>