schedule Watcherとgoogleカレンダーの同期
同期中に「同一のキーを含む項目が既に追加されています。」というエラー表示が出た場合の対処法を2014/03/14のblogで紹介しています。

b0036638_23125036.jpg
 スケジュール管理の私の使い方を何度か紹介しています。
もう新しい手帳はいらない(09/09/23) 手帳から卒業(08/10/23)
 日記代わりにもなるschedule Watcherで唯一不満だったのが、googleカレンダーと同期できないことでした。それまではcsvでのエックスポートとインポートをしてましたがgoogleカレンダーと同期ソフトを今日はインストールして試してみました。

 当初うまくいかなかったのですが、schedule Watcherの設定をusbでも持ち歩けるように相対パスにしていたことが原因でした。環境設定でデータフォルダーを相対パス→絶対パス(初期設定)に変更しうまく同期がとれました。あくまで、メインはパソコンのschedule Watcherでgoogleを上書きします。 これで、母艦のスケジュールを出先のipadや別のパソコン、携帯で常に確認ができるようになりました。
[PR]
by okadatoshi | 2010-10-16 23:14 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://okadatoshi.exblog.jp/tb/14225765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hiro at 2010-10-17 09:37 x
 
 一時期 schedle Watcher を使っていましたが、非常勤になった以来、日別にメモの作成、ToDoリストなど 「デジタル卓上日記」 風な使い方をする必要性がなくなり、また、スケジュールに追いかけられるような気分にもなり、使用を止めて仕事上のメモはアナログ日記のみとしています。
 それでも日々公私併せて3種類の記録をしてはいますが (笑)

 okadatoshi様の場合、情報教育を担当されていれば、こんな使い方ができる一教材資料として好適かと思います。

 同期方法をご教示頂き、ありがとうございました。 
Commented by okadatoshi at 2010-10-17 10:02
ご指摘の通り私の場合には、講義ネタ収集の意味合いもあります。
先にevernoteがメモ関係のクラウド的な使い方については秀逸と書き込みましたが、カレンダの共有ではgoogleカレンダーがよく普及しています。
今回の試行錯誤で、Web上にアップした過去のスケジュールの一括削除をするには、schedle Watcher側の環境設定で絶対を相対に切り替えるとカラデータが送られてgoogleカレンダーのデータを一括削除できることも副産物として分かりました。
パソコンの母艦本体では、1年目の成績締切がいつだったかなど、日記代わりに思い出すのに重宝しています。
一度書きこんだデータは使いまわしするという癖は直りません。(*^_^*)
Commented by maruyamakazuyo206 at 2013-01-22 11:24
私の場合、エクセル機能を、使って
アナログな、手帳を、作っただけです。
Commented by okadatoshi at 2013-01-23 06:34
maruyamakazuyo206さん
まず必要な、使えるものを作るで、正解ですよ。
Commented by maruyamakazuyo206 at 2013-01-23 21:45
ありがとうございます。エクセルで万年カレンダーを、つくるのがむづかしかったです。いくつもの、関数の、挿入のしかたを、ならいました。
<< ユニバ記念競技場 模擬授業&採用試験の結果 >>